腰痛について|ナチュラル鍼灸整骨院<自律神経失調症・更年期障害・不妊症・美容針・小顔矯正>南茨木

ナチュラル鍼灸整骨院
しっかり治療! 痛み改善します。 心も体も、若さと元気を取り戻しましょう!


当院では 腰痛、特に痛みの原因部位を中心に筋肉をゆるめ、過度の筋肉の緊張や神経の興奮を抑え痛みを軽くするように心がけております
マッサージなどの手技・特殊電気針が効果的です。
レントゲンやMRIの診断が必要な方には病院の紹介を行っております。
病院受診後、再度当院で誠意を持って改善できるよう治療していきます。
病院での注射・服薬など並行して治療していただけますのでご安心ください

急性腰椎症(ぎっくり腰)

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げる、腰をひねるとをひねるといった急な動作によって、腰部に急激な痛みを感じ動けなくなるもの。腰椎(ようつい)の椎間関節(ついかんかんせつ)や椎間板に無理な力が加わり、組織が傷ついて痛みを起こすもので、短期間の安静が何よりの治療法

腰椎(部)椎間板ヘルニア

椎間板のクッション機能が低下したところへ、急性・慢性の負担が腰にかかることで線維輪(せんいりん)に亀裂が入り、内部の髄核(ずいかく)が裂け目から飛び出したもの。ヘルニアによって足に向かう神経根(しんけいこん)や馬尾(ばび)が圧迫されるため、急激な腰の痛みや片方の足にしびれや痛みが起こるのが特徴。椎間板の老化は20歳代から始まり、20〜40歳代に多く発症する。

腰部脊柱管狭窄症

老化により骨棘(こっきょく)が形成され、変形したり、椎骨がずれたりすると、神経を通している脊柱管が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症という状態をもたらす。高齢者の腰痛の原因は、この脊柱管の狭窄による場合が多くあります

変形性脊椎症(腰部脊椎症)

年をとることによって椎間板も老化する。弾力がなくなり、本来のクッション作用が失われると、椎間関節や周囲の組織にも影響が及ぶ(=変性)。変性により、椎体のふちや椎間関節に負荷がかかり、やがて骨棘を形成する。この骨棘が神経を圧迫することで、さまざまな症状を起こす。

このほかにも、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を原因とする骨折、細菌感染による炎症、ガンなどの腫瘍(しゅよう)の転移、腎臓などの腹部内臓の異常、婦人科疾患、ストレスなどが原因で腰痛になることもあります、椎間関節や周囲の組織にも影響が及ぶ(=変性)。変性により、椎体のふちや椎間関節に負荷がかかり、やがて骨棘を形成する。この骨棘が神経を圧迫することで、さまざまな症状を起こす。